DX Strategy

DX戦略

DXの取組み

2021年1月 倉庫管理システム(WMS)稼働

  • 作業の進捗をリアルタイムに表示する大型モニタを設置

  • ピッキングカートにタブレットとラベルプリンタを設置

  • パレピッカーにタブレットと携帯プリンターを設置

2021年8月 社外研修をWEBセミナーで実施

  • ・WEBセミナーで行うことにより、受講者が大幅にUP
  • ・今後も実施予定

2021年9月 国内販売管理システムリプレイス

  • ・サーバースペックを上げることにより、レスポンス改善

2021年9月 海外販売管理システムリプレイス

  • ・データ交換システム追加
  • ・分析資料作成支援機能追加
  • ・入力機能改善し、作業効率UP

2021年11月 ITコーディネーター協会表彰 ~DX認定企業の輩出を目指して~ において「ITC協会奨励賞」を頂きました。

2021年11月 倉庫管理システム(WMS)の二次改修について

2021年8月24日に公表した「DX戦略」の中の一つである、物流機能の強化の倉庫管理システムの改修が予定通り完了しました。

2021年12月 WEB会議システム環境の増設について

  • 1人用ブースを3つ

  • 4人用を1部屋

  • 6人用を1部屋

「DX戦略」で公表しているWEB会議システム環境の増設を行いました。

お客様との打ち合わせ、営業活動、社内会議、社員教育等で積極的にWEB会議システムを利用していきます。

DX戦略は計画通り順調に進んでおります。

2022年1月 経済産業省が定める「DX認定事業者」の認定を取得

四国では初の事業者認定

サンコー株式会社は、経済産業省が定める DX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度に基づく、「DX認定事業者」としての認定を2022年1月1日に取得したことをお知らせいたします。

当社の取り組みについて、DX推進指標の自己診断をはじめ、「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項、成果と重要な成果指標、「ガバナンスシステム」に関して認定基準を満たしていること、およびホームベージでの適切な情報開示が行われていることなどが評価され、認定を取得しました。

DX認定

DX認定制度とは「情報処理の促進に関する法律」に基づく認定制度で「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項(経営ビジョン・ビジネスモデル、戦略、組織づくり・人材・企業文化に関する方策、等の項目)に対応し、DX推進の準備が整っていると認められる企業を国が認定する制度です。

2022年1月1日時点で254社が「DX認定事業者」として認定されています。
https://disclosure.dx-portal.ipa.go.jp/p/dxcp/top

四国経済産業局様のHPの「お知らせ」にも発表されています。
https://www.shikoku.meti.go.jp/01_releases/2022/01/20220105a/20220105a.html

サンコー株式会社
代表取締役 河野 伸之

このページのトップへ